三重の環境 > 産業廃棄物税条例第8条第2項に基づく再生施設の名簿を更新しました

産業廃棄物税条例第8条第2項に基づく再生施設(H21年度)の名簿を更新しました

  平成21年度の三重県産業廃棄物税条例第8条第2項の再生施設に該当する施設の名簿を更新しました。

 ※ この再生施設は、三重県産業廃棄物税条例規則に基づき、中間処理業者が処分した後の有用物を他人に売り渡し、又は自ら利用したものの重量が、当該中間処理において排出された産業廃棄物を含めた全体重量の0.9以上になる施設、並びに廃棄物処理法施行令第2条第9号に掲げる産業廃棄物を破砕する施設が該当します。

 あくまでも一定の要件を満たすことを県が認定するものであり、リサイクルを行う施設がこれらに限られるものではありません。

 また、当該処分業者が不法行為や不適正処理を行わないことを県が保証するものでもありません。

 したがって、当該処分業者を選択することで排出事業者としての責任や注意義務が免除されるものではなく、排出事業者はその責任を全うするため、自らの判断で処分業者の選択を行うこととしてください。

 三重県産業廃棄物税の詳細は、「三重県産業廃棄物税の規定」をご覧ください。

 個別認定分(規則第7条第1項第1号関係)(PDF 92KB)

 がれき類の破砕施設(規則第7条第1項第2号関係)(PDF 104KB)

 

参考:昨年度(H20年度:平成20年4月1日〜H21年3月31日処理分)の再生施設名簿

    産業廃棄物税条例の規定