三重の環境 > 安全性確認調査 > 津市美杉町事案

津市美杉町事案

1.事案の概要

平成9〜12年ごろ、津市美杉町地内の採石場跡地に、産業廃棄物が不法に投棄されたものです。原因者は、廃棄物処理法違反で処罰され、廃棄物の一部を撤去しましたが、大半は残置されたままとなりました。

2.安全性確認調査結果の概要

平成16年度に、現場の測量調査、地質調査、及び廃棄物・土壌・水質調査を実施したところ、その概要は次のとおりでした。

(1) 廃棄物の種類、投棄面積及び容量

木くず、ビニール、金属片、プラスチック片、瓦等、主に家屋解体廃棄物が確認されました。また、投棄面積は約8,600m2、容量は埋土を含めて約55,000m3(廃棄物量としては約19,000m3)と推定されました。

(2) 地質及び地下水の概況

現場の地層は、基盤岩(火山性凝灰岩)の上部に崩積堆積物が分布し、いずれも非常に高い透水性を有しています。また、いずれのボーリング孔でも帯水層は確認されませんでした。

(3) 廃棄物・土壌・水質試験結果

廃棄物投棄地内では、鉛等が検出されました。また、周辺地域では、近傍のボーリング孔の溜まり水から、環境基準をわずかに超える鉛が検出されましたが、周辺河川では、すべて環境基準に適合していました。

資料

 

平面図(PDF:513KB)

モニタリング結果(PDF:101KB)

3.生活環境保全上の支障の評価

学識経験者(「三重県生活環境の保全に関する条例」の専門委員)からいただいた調査結果についての意見を踏まえ、次のとおり評価しました。

  • 確認された廃棄物は、木くず、ビニールなどであり、有害物質を多量に含んだ汚泥等は確認されていません。また、廃棄物投棄地や近傍のボーリング孔では鉛が検出されていますが、周辺の河川に汚染が拡がっている様子は見られず、現時点では、周辺の環境に支障を及ぼしてはいないと判断されます。
  • 廃棄物投棄地の透水性は極めて高く、廃棄物が常時地下水に浸っている状況ではありません。また、降雨時の浸透水が廃棄物層を通過して利水地点に達することは考えにくく、今後も周辺の環境に支障を及ぼす可能性は少ないと思われます。

4.調査結果に基づく対応状況

平成17〜19年度に、津市が県の支援制度を活用して是正推進事業(廃棄物の一部撤去及び整形緑化)を実施しました。また、平成17年度以降も、周辺河川等の継続水質調査を実施しています。