三重の環境 > 資源循環と廃棄物 > 三重県内の産業廃棄物不法投棄事案 > 1,4−ジオキサン対策について(桑名市五反田事案)

1,4−ジオキサン対策について

 平成21年11月30日付け環境省告示により新たに環境基準に設定された1,4-ジオキサンが、遮水壁内外で環境基準を超えて検出されました。放置すれば1,4-ジオキサンを含む汚染地下水の拡散及び河川への放流により嘉例川が汚染され、農業用水での利水や内水面漁業、水道水源の利水に影響を及ぼし、生活環境保全上の支障を生じるおそれがあることから、1,4-ジオキサンについても以下の目標を設定し、産廃特措法による国の支援を得て、行政代執行により対策を進めています。 

 なお、産廃特措法は、平成10年6月16日以前に行われた不法投棄等による支障の除去等を計画的かつ着実に推進するため、都道府県等が行う特定支障除去等事業に対し国が支援措置を講ずるものであり、事業費の90%が起債対象となり、起債額の50%が特別交付税にて措置されます。

生活環境保全上達成すべき目標

目  標

 不法投棄地周辺地下水及び嘉例川が環境基準を達成し、

その状態が保たれている

目標達成のために講じる措置

緊急対策

・汚染地下水の拡散防止

 

恒久対策

・汚染地下水の浄化

・不法投棄された特定産業廃棄物による地下水汚染の防止

 

環境修復対策工

1. 緊急対策

 不法投棄地の周辺に拡散している1,4-ジオキサンは、直近の嘉例川近傍にまですでに拡散していることから、平成23〜24年度に直ちに「汚染地下水の拡散防止」のための「緊急対策」として、事業実施計画に基づき既存水処理施設の改修を行い、汚染地下水の周辺への拡散防止のための措置として揚水処理を実施しています。

 なお、事業実施計画の本文は、以下「2.恒久対策」でご覧いただけます。

【緊急対策に係る事業実施計画の概要】

 (1) 既存水処理施設の改修

 現有の水処理施設に1,4-ジオキサンの処理機能(促進酸化施設)を付加するとともに、安定した水処理を行うために機能低下している箇所の修繕を行います。

1,4-ジオキサン処理フロー

 (2) 揚水浄化処理

 不法投棄地内及び周辺の汚染地下水を揚水し、バリア井戸工法により地下水位を管理することで汚染の拡散を防止します。

揚水による汚染拡散防止

2. 恒久対策

 1,4-ジオキサンによる生活環境保全上の支障を生じるおそれを除去するためには、「汚染地下水の浄化」、さらに「不法投棄された特定産業廃棄物による地下水汚染の防止」の恒久対策を実施する必要があります。

 しかし、1,4-ジオキサンは国内における土壌浄化技術等の適用事例もなく、原位置浄化に係る技術的知見も集積されていません。

 そのため、抜本的な支障の除去を目的とした恒久対策は、緊急対策による汚染地下水の拡散防止を達成した後、速やかに恒久対策の実施に向けた調査や試験などを実施し、十分な議論を踏まえて、技術的にも経済的にも合理的な手法について検討を行う必要があることから、大学教授等の有識者からなる桑名市五反田事案技術検討専門委員会を設置し、社会的背景の変化や技術進歩の状況を踏まえ、経済的・技術的に合理的で地域住民等関係者の合意が得られる対策工法について検討を進めました。

   桑名市五反田事案技術検討専門委員会    委員名簿

第1回  平成23年8月25日 14:00から16:30

第2回  平成23年11月15日 15:00から16:10

第3回  平成24年1月18日 14:00から16:30

委員会開催状況の詳細はここをクリックして下さい。

   桑名市五反田事案の環境修復技術に関する報告書(平成24年3月)

目次    T 委員会設置目的   U 事案の概要

V 不法投棄地及びその周辺の汚染状況     W 地盤構造と地下水

 X 環境修復の基本方針    Y 遮水壁の効果について

Z 環境修復シナリオについて   [ まとめ   付録

 

 技術検討専門委員会の報告を踏まえ、経済的・技術的に合理的な恒久対策工法として、「部分掘削処理+揚水浄化」の工法を選定し、産廃特措法に基づく特定支障除去等事業実施計画(変更)を策定しました。

 なお、実施計画(変更)は平成25年3月26日に環境大臣の同意を得ています。

三重県桑名市五反田地内産業廃棄物不法投棄事案に係る特定支障除去等事業実施計画

                                 平成25年3月26日 環境大臣同意(変更)

 桑名市五反田事案実施計画(変更)その1   桑名市五反田事案実施計画(変更)その2

【恒久対策に係る事業実施計画の概要】

 (1) 事業内容

 高濃度汚染域の廃棄物及び汚染土壌(一部)を撤去し、場外処分を行うとともに、遮水壁内外の井戸から揚水した汚染地下水を水処理施設で処理し浄化を図ります。

 (2) 事業費   約75億円(全体事業費は約79億円)

 (3) 期間    平成25〜34年度(全体事業は平成23〜34年度)

 

3. モニタリング結果

平成24年度モニタリング結果(1,4-ジオキサン)

平成25年度モニタリング結果(1,4-ジオキサン)

平成26年度モニタリング結果(1,4-ジオキサン)

平成27年度モニタリング結果(1,4-ジオキサン・第1四半期まで)

平成27年度モニタリング結果(1,4-ジオキサン・第2四半期まで)

平成27年度モニタリング結果(1,4-ジオキサン・第3四半期まで)

遮水壁内モニタリング地点  遮水壁外モニタリング地点 

 

4. 今後の予定

 計画年度での目標達成に向けて、引き続き、恒久対策の本体工事を進めていく予定です。